楽器演奏での騒音で生活トラブル

人の五感は、まさしく十人十色です。僅かな物音にも敏感に反応してしまう方もいますし、反対に枕元で激しい物音が鳴り響いても平気で熟睡出来る人々もいます。どちらが良い、悪いという事ではなく、人の五感は十人十色なので、自分は騒音だと思っていない音でも、もしかしたら周囲の迷惑になっているかもしれない、という良い意味の懐疑心が必要です。事実として近年では楽器の音色を巡る生活トラブルが相次いでいます。楽器を普段から触っている音楽に慣れしたんだ方からすれば、ほんの少しの音でも、人によっては大変不快に感じるものです。騒音は特に深刻な生活トラブルになりやすいため、演奏者の想像力が不可欠でしょう。

騒音は近隣住民に不快感を与える

人間もまた動物のように五感を自然と持っています。そのため、派手過ぎる看板を見たら不快な気分に陥りますし、近所から妙な臭いが漂ってきたら、思わず窓を閉めてしまいます。また五感の中でも最も敏感だと言われるのが聴覚です。隣の奥さんの井戸端会議の声がうるさくて不快な気持ちになった、近所で遊ぶ子供の声が大きくてストレスを感じた、隣近所の赤ちゃんの夜泣きが永遠と放置され悲しい気分になった等、こういった生活トラブルに出会った事がある人々もおそらくかなり多いはずです。騒音を巡る生活トラブルは事実として各地で頻発しており、深刻な事例だと、加害者があまりにも無思慮に騒音を出し続けた結果、事件にまで発展したケースがあります。

騒音におけるトラブル情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 騒音が生活トラブルに All rights reserved